エンジニアとして会社に入社したのは、単に、学生時代に理数系が得意で理工系の大学に行ったからという理由の人もいるでしょう。
実際にエンジニアとして会社員になれば、会社がある程度育成を考えてくれ、先輩がそれなりに指導してくれるため、一人前の仕事できるようになっているかもしれません。

しかし、自分の仕事人生を真剣に考えた場合に疑問がわいてくることもあるでしょう。自分の活躍する場所は本当にここなのだろうか、活躍場面はいろいろあるにもかかわらず、なぜ自分はこの会社に籍を置いているのだろうと考える事もあり得ます。
そういった疑問が生じた時こそ、本当の仕事人生の始まりなのかもしれません。大学生から就職した時は、自分の仕事人生を決めるというよりは、就職することが目的でその活動で目いっぱいだったかもしれないでしょう。

自分の仕事人生について疑問を持ったときは、実は大きな転機かもしれません。真剣に自分の仕事人生と向き合って、転職も含めてエンジニアとしてのキャリアプランを真剣に考えてみるといいでしょう。
就職活動中もキャリアプランは考えたかもしれませんが、しょせんそれは仕事とは何か体験する前に作ったものでしかありません。

実際の仕事をある程度経験したタイミングでキャリアプランを考え、自分の可能性を見つめ直し、場合によっては転職を考えてみることは、長い目で見てその人の活躍場所を広げることに繋がるのではないでしょうか。また、転職を成功させるために何が必要なのかを事前に探り、エンジニアとして躍進できる条件に合致する求人への応募をするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です