エンジニアが転職を考える場合、自分一人で最も活躍できそうな新しい仕事先を見つけ、適切な応募書類を作成し、面接対策をして転職を成功させるのはかなり大変な作業です。
完全に仕事を辞めてから再就職先を探すのであれば時間は十分とれるでしょうが、就職までの時間がかかればその分生活が苦しくなるリスクがありますので、できれば今の会社にいるうちに新しい職場を探したいと考えるでしょう。

そういった時にはエージェントを活用するといいでしょう
エージェントの役割の主なものとしては、指南役の役割をはたしてくれること、その人にあった企業とのパイプ役になってくれる役割、応募書類などのレビューをしてくれる役割が期待できると言われています。
指南役というのは、その業界では今スマホ向けのアプリの需要が高まっているのでjavaScriptの基本を身に着ける方がいい、などのアドバイスをもらえるということです。

また、企業とのパイプ役がない場合には、自分と企業のマッチングは非常に大変な作業になりますが、そこをサポートしてくれると自分にあった再就職先が短期間で見つけやすくなるでしょう。さらに、応募書類は応募する企業に合わせカスタマイズする必要がありますので、それについてレビューしてもらうことは時間短縮と効果アップが期待できるのです。
そういったエージェントを活用することで、今の仕事を続けながら効率的に転職活動をすることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です