大学を卒業してエンジニアとして就職した人は、最初は懸命に目の前の仕事をこなすだけかもしれません。しかし、数年経つと自分のキャリアについて考えるようになります。そして転職も視野に検討するようになる人もいます。

ある程度仕事を覚えてくると、仕事の面白さを感じるようになりますが、その思いが新天地でさらなる面白さを求めるケースと、現在の職場でその面白さを突き詰めるケースに分かれてきます。
後者はそのままその職場に居続けることになりますが、新天地で新たな面白さを求める場合は転職で実現させようとして、再就職先や就職事情等に関する情報を集め始めることになるでしょう。

しかし、実際に再就職を実現させる人は検討していた人の一部しかいません。これにはいくつかの要因がありますが、最も大きい要素は検討しているうちに時間が経過してしまったということでしょう。その理由は、目の前の仕事が忙しいことや単に決断を先延ばしただけかもしれませんが、エンジニアの場合、20歳代であれば再就職先でも育成をしてくれるはずです。

しかし、30歳前後になってくると即戦力が求められ、さらに30歳後半以降になってくるとマネジメント能力や、抜きんでた専門性などが要求され再就職のハードルは高くなります。
そのため、転職を考える場合は、決断を早くすることも大事でしょう。
早く決断できれば新天地でさらに面白いことに挑戦できる可能性が広がっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です