エンジニアとして働いている人で、転職を考えている人は少なくありません。
職場に不満がある、キャリアアップを狙いたい、もっと違うプロジェクトにも参加してみたいなど理由は様々でしょう。しかし、IT業界での転職に年齢の壁があることは知っておいたほうがよいでしょう。

プログラミングの仕事は、若さと体力が勝負のようなところがあります。ですから企業としても、20代の人間なら採用してから教育することに価値を見出しますが、30歳をすぎると一線で働ける時間はもう長くないと判断されて、完成形の人材以外は採用したがりません。
さらに35歳を過ぎるとプロジェクトマネージャーのような管理職としての能力を求めるようになります。
このIT企業特有の人材の需要をしっかり把握していないと転職に活路を見出そうとしてもうまくいきません。

この業界での典型的なキャリアの積み方を見てみると、大学を卒業して数年はプログラマとして技術的な基本を学びます。
それを踏まえた上で入社10年目までに技術リーダーになり、開発プロジェクトの中心的役割を担います。そして、20年目にもなるとその中で選ばれた者がプロジェクト全体を統括する役職に就くのです。

このように一見、技術屋集団に見えるこの業界でも年をとれば、普通のサラリーマンと同じように管理職としての役割を求められます。
それが嫌ならば、エンジニアとしての能力を生かせる他業種の仕事を見つけるしかないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です